おじさん特有の臭いを「加齢臭」と言いますが、そもそも加齢臭とは何なのでしょう? 加齢臭とは体臭の一つなのですが、特に中高年にみられる独特の体臭を加齢臭と呼びます。 加齢臭といえば、「おじさん」というイメージですが、実は、男性に限ったことではなく、女性にも加齢臭はあります。 というより、人間には誰しも、少なからず独自の体臭があるものです。 近年の研究の結果、その体臭は加齢と共に臭いが変化していくことがわかりました。 そこで、加齢に伴って強くなる傾向にあり、自他共に気になってくる体臭を加齢臭と呼ぶようになったわけです。 一般的に、男性は40代くらいから、女性は閉経後に体臭が増加する傾向があるでしょう。 また、その原因もわかっていて、2−ノネナールという物質が加齢と共に増加するためです。 さらに、2−ノネナールは、皮脂の脂肪酸の酸化によって発生するということも分かっています。 つまり、加齢臭は全くどうしようもないわけではなく、ある程度は軽減させることが可能です。